読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一度死ねば、やりたいことなんかすぐ見つかる

どうも。

ごやです。

 

 

今回は、やりたいことを見つけるための

とっておきの方法をお伝えします。

本題に入る前にひとつ質問があります。

 

あなたは「死」を意識したことがありますか?

もしあるのなら自分のやりたいことが明確になっているはず。

 

読んでいるということは自分自身の中に

やりたいことがない、あるいはそんなこと考えたこともない。

いづれか該当すると思います。

 

人間は

目の前のことに全力を尽くす

行動しながら考えていく「テーマ型」と

 

 

はじめに終着点を決めて

そこに向かって進んでいく「ゴール型」

に分けられると言われています。

 

 

テーマ型は過程を重視し、

ゴール型は結果を重視すると言われています。

 

 

別にどれが優れているとか、どれが好ましいとかはなく

それぞれに利点・欠点があります。

 

 

ちなみに僕は完全にゴール型なので、

いつもとりあえずゴールから設定しています。

 

 

でも両方とも最終的にたどり着くところは

「死ぬときにどうなっているか」

 

 

考えてみてください。

いくら金持ちでも幸せでも

最後には死にます。

 

 

逆にどれだけ貧乏でも不幸でも

死に関しては前者と平等に与えられています。

 

 

死ぬまでの期間をどう過ごしたいか。

そう考えれば、自ずとやりたいことが見えてくるのでは

ないでしょうか。

 

 

僕は、

いつも誰かと比較しては

落ち込むという生活をしてきました。

 

 

常に、僕の上には誰かがいて

頑張っても頑張っても

追いつくことすらできなかった。

 

 

だから頑張ることがわからなくなり

諦めがちになり、

次第に勝てない自分を責めるようになりました。

 

 

そんな生活を繰り返していたものだから

当然、自信を失い、常に劣等感で抱いていました。

 

 

そんな自分が何よりのコンプレックスであり

大嫌いでした。

 

 

自分の強み、武器と呼べるものがなく

「自分はレベルの低い人間なんだ」

とずっと劣等感を抱えていました。

 

 

 

才能がないくせに、

「努力してやろう」みたいな情熱もなく、

限界を超えるまで頑張る根性もない。

 

 

「あの人は自分とは違う」

「選ばれた人間なんだ」

そう言ってすぐに逃げ道を作る。

 

 

人より劣っている自分が嫌で

何か自分にしかないものを見つけたかった。

 

 

しかし、挫折や失敗が意欲さえも削ぎ

「どうせ何しても無理」

ってすぐに思うようになっていた。

 

 

でも一つだけ、

どうしても受け入れたくないものがありました。

 

 

それは、

「何もない普通の人間」ってこと。

 

 

自分と比較してきた人には必ず、異彩を放つ

個性というものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

そんなときにいろんなきっかけがあって

ネガティブな自分も

「これならいいかも」って少しずつ好きになって

ありのままの自分を受け入れていくことができました。

 

 

ただ、その中で一つだけゆづれないものがありました。

 

 

それは、、、

 

 

「普通は嫌」

 

 

ということ。

 

特に今まですごい人達を

目の当たりにしてきました。

 

熱い情熱と大きな夢をもつ学生

 

若干二十歳で月収100万稼ぐ起業家。

 

外資系企業のトップ営業マン。

 

世界を飛び回るバックハッカー

 

大学を中退してプロ野球選手になった人。

 

そんな出会いをしているうちに

どんどん自分の普通さが浮き彫りになっていく。

 

 

プロスポーツ選手にも、億万長者にも、有名人にも

歴史に名を残す偉人にも、

今更なれるなんて思っていない。

 

「やれば夢は叶う」とか「努力は裏切らない」

とかそんな綺麗事で片付けられるほど純粋じゃない。

 

自分が普通であるということはイヤというほど

理解しているつもり。

 

でも心の底では

「このままで終わってたまるか」

って諦めていない自分もいる。

 

 

現実は受け止めているつもりでも

どこかで信じていたい。

 

 

自分の可能性を。

 

 

「自分ならできるはず」

「続けたらできるはず」

そんな根拠のないことを信じてたい自分もいる。

 

 

「凡人な自分」

「すごい自分」

 

そんな厳しい現実と理想とで葛藤した結果

一つ自分の中に答えが見つかりました。

 

 

「自分らしく納得のいく人生にしたい」

 

 

どれだけ努力しても思い通りなんて

いかないかもしれない。

 

もしかしたらこのまま普通で終わるかもしれない。

 

でも諦めることだけはしたくない。

だから、せめて一生懸命にやりきる。

 

 

 

死ぬときに

「俺、頑張った」

と思えるような人生にしたい。

 

 

そんな最後を迎えられるように

毎日を精一杯全力で、

 

考えて、泣いて、笑って、時には怒って

落ち込んで、それでも食いしばって必死に

自分の立てた目標に食らいついていく。

 

 

焦らず、でも確実に一歩一歩前に進んでいければと。

 

 

そしてこれを読んでくれているあなたにも

自分の人生を自らの意思で

突き進んでいって欲しいと願っています。

 

それでは今回はこれで終わりにします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

インターネットビジネスの真相

お久しぶりです。

呉屋です。

 

今回は僕がやっている「インターネットビジネス」

について少しお話しようと思います。

 

よくSNSやユーチューブなどで調べると

「若手起業家」「ネットビジネス」

などを謳ったアカウントや動画が多数ありますよね。

 

若干異なりますが、ジャンル的にはあんな感じです。

 

でも実際、あれだけ多くの人がビジネスをしている中で

本当に稼げている人はどれだけ存在すると思いますか?

 

一部では5000円稼げるのは全体の5%とも言われています。

実際は少しずつ普及してきたこともあって

もう少しいるとは思います。

 

 

でも割合的にはあながち間違ってないかと

思います。

 

よく考えたらそりゃそうですよね。

ネットとはいえ、自ら事業を起こすわけですから

そんなに簡単ではありません。

 

でも、インターネットビジネスの印象として

「誰でも・ラクして・簡単に・いくらでも稼げる」

みたいな印象を持っている方が非常に多い。

 

 

「インターネットビジネス」

と検索してみると大体がそんなのばかりです。

 

だから尚更、

「ネットビジネス=普通に働くよりラク」

っていうイメージを持ってしまう人が多い気がします。

 

事実、僕も始めた頃は簡単だと思っていましたし。

 

 

でお実際、しっかりと学んでから実践に移してみると

そんなことはありませんでした。

 

確かに、融通が利くし、やったぶんだけ結果は大きいです。

ですが、月によって変動があるし、そもそもそこに至るまでの

プロセスが大変。会社員のような保証だってない。

 

見返りが大きい分、そこに対しての難しさは当然あります。

 

全て自分で決断して動いていくわけだから、

成功法なんて存在しないし、

やらないことにはどれが正解か不正解かなんてわからない。

 

会社員が朝9時から夕方の6時まできっちり働かないと

給料をもらえないように、

 

ビジネスもちゃんとやることをやらないと稼ぐことはできません。

 

インターネットビジネスで食っていくために必須といってもいい

条件があります。

 

それは考え方。

 

稼げない人の多くはそもそもの考え方がよくない。

 

僕もインターネットビジネスをしている多くの人を

見てきましたが、大体稼げない人に共通した考え方があります。

 

それは自分中心に物事を捉えているということです。

 

「俺が得すればいい」

「稼げさえすればOK」

っていう感じで自分さえ良ければ感が出すぎている。

 

 

インターネットビジネスを始めるきっかけは

「お金が欲しい」っていうのが根底にあるわけで

それが悪いことではないです。

 

 

稼ぎたいっていう気持ちは必要ですが、

「俺が俺が」っていう気持ちが強すぎると

当然、お客さんに伝わります。

 

 

自分本位で記事を書いたり

情報発信したりすると

不思議なことにすごく嫌な感じがします。

 

 

裏が見えるというか、欲が垣間見えるというか。

 

 

そうなると、せっかく稼ぎたくて

インターネットビジネスを始めたのに

結局、下心を見透かされて稼げない

パターンが多い。

 

 

ビジネス=価値提供であり

お客さんが価値を感じることで

お金を払ってくれたり、

 

 

自分のファンになってくれたりするので、

まずは、相手があなたの発信に対して

価値を感じてもらうことが

すごく重要だったりします。

 

 

だから、あなたが

インターネットビジネスで収入を得たいと

思っているなら

 

 

 

「お客さんはどんなことに価値を感じるか?」

ってことを考える必要があります。

 

 

お客さんにとっての価値は

自分の生活が今より豊かになることです。

 

 

今抱えてる悩みを解決できたり、

今よりも質の高いモノ(物、サービス、情報)に

囲まれたりすることで

人々は価値を感じます。

 

 例えば 

「外でも電話できたらいいのにな」

って悩みから生まれたのが

携帯電話であり、

 

 

「もっと携帯電話で写真撮ったり、

音楽聴けたりできればいいのに」

って悩みから多機能携帯や

スマホが生まれました。

 

 

世の中にある

解決したい悩み、必要なモノを

リサーチして

自分が提供できそうなのを提供すること。

 

 

 

 

それがビジネスにつながり、

インターネットで

お金を稼ぐ方法にもなります。

 

今、お客さんは何に悩んでいるのか。

 

 

何があれば、もっと

お客さんは快適に暮らせるのか。

 

 

自分だったらどんなモノが欲しいか

など分析することです。

 

 

テクニック云々の前に

まずはこの根本を作らないといけません。

 

 

そこがしっかりと形付いてないと

売れるものも売れないし

詐欺と思われる可能性だってあります。

 

 

いつも画面の向こうには人がいるということを

念頭に置いていてください。

 

 

インターネットビジネスといえど

ビジネスなので、

どんなモノにも必ず需要はありますし

当然、人と人との商売です。

 

 

 

インターネットを使うから

見えづらいですけど、

そのパソコンの、スマホの画面の

向こうには必ず人がいます。

 

  

それを意識して、

その人に語りかけるように

情報発信や記事を

書くように心がけてください。

 

 

ネットに転がってるような

小手先なテクニックだけで

 

 

誰でも、簡単に、すぐに

稼げるようになるわけがありません。

 

 

ただ、画面の向こうには必ず

人がいることを意識して

インターネットビジネスをやれば

考え方も発信の内容、仕方も変わりますし、

 

 

それが伝われば、

あなたにお金を払ってくれる

お客さんも出てくるので、

 

 

もし、あなたが

インターネットビジネスをやってみたいと

思っているなら

それだけは忘れないでください。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

成功者はこうしてお金を使っている。

お久しぶりです。呉屋です。

 

今回は、お金の使い方について

話していこうと思います。

 

 

ところで、みなさんに一つ質問です。

お仕事やバイトで稼いだお金を

どのように使っていますか?

 

f:id:goyaryou:20170408181452j:plain

 

好きなものに散財したり、

将来を見越して貯金したり、、、etc

 

使い方は人それぞれだと思います。

 

ですが、成功者と呼ばれる人たちは

お金の使い方が共通しています。

 

今回はあなたに無駄な使い方をさせないように

そのことを伝えたいと思います。

 

 

お金を「使う」

ということは生きる上で

とても重要になってきます。

 

 

そもそもお金を稼ぐのはイメージから

始まります。

 

「15万でいいや」

と思えば、その人の稼げる額は15万まで終わります。

 

逆に、

「絶対に100万稼必要!」

と心の底から思っている人は

100万稼げてしまいます。

 

その額を稼ぐため、あるいは

稼いでいるイメージができているか

どうかの違いで結果が変わってきます。

 

ということで

金銭的な目標を具体的に立ててみましょう。

(いつまでに、いくら、、etc)

 

そして、そのために何をしなければならないか

落とし込んで考えてみてください。

 

そうすると今すべきことであったり

行動量であったりがある程度計算できると思います。

 

そのイメージをつけるために

すべきことがあります。

 

それが自己投資です。

 

ただ単に物につかうことだけが

自己投資ではありません。

 

自己投資とは、

知識やスキル、そして何より

人との出会いに投資するということです。

 

 

銀行、あるいは自分の懐に紙幣を

貯金するのではなく、

自分自身そして人に投資しようということです。

 

 

「そんなことしたらお金なくなるじゃん!」

と思いますよね。

 

 

でも、人や自分に投資することで

知識や、スキル、人脈を手に入れることができ、

結果、お金を産むマネタイズを構築することができます。

 

短期的に見れば、減ると感じるかもしれません。

ですが、長期的に見てみるとお金に困らなくなります。

 

 

だからお金お使い方は考えなければなりません。

 

割合として

収入が10としたら

・必要資金(5)

・自分、人への投資(2〜3)

・自己投資[欲しいものへの投資](2〜3)

 

ぐらいがベストです。

 

 

要するに半分は使ってしまうということです。

 

安心してください。

 

お金は使いことでしか能力を生み出せませんが

 

スキルを貯めればそこから生み出すことも増やすことも可能になります。

 

こうやって多くの成功者はお金を増やし続けています。

 

 

なので収入の割合を考え、目標を定め

そこの対してしっかりとしたイメージを持ってください。

 

 

稼ぐために、何から始めるかではなく

ある程度の到達点を定めることが

実は一番重要だったりします。

 

 

短期的でなく長期的に稼ぎたいのであれば

ぜひ、実践んしてみてください。

 

今回はこれで以上にしたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

2秒あれば人生を変えられる。

※不快な気持ちになると思ったら読まないでください。

 

お久しぶりです。呉屋です。

 

今回は、

人生を変えるとっておきな手段

について書いていこうと思います。

 

その前に一つ質問です。

なぜ、人は悩むのでしょうか。

 

答えはいたってシンプルです。

 

「ベストな答えを探そうとするから」

 

算数や理科のように公式があれば

それに当てはめればいいだけですが、

世の中に公式なんてありません。

だから、正しい答えってないんです。

 

「それじゃあ、問題解決できないよ」

「どうすればいいの?」

という声が聞こえてきそうなので

お答えします。

 

結果から言ってしまえば

「悩むぐらいなら、行動に移そう」

で片付くんですが、

 

「そんな簡単に言われても」

「そんなの博打じゃん」

と言われそうなのでちゃんと手順を追って

お話ししたいと思います。

 

ここで少し僕のことを話すと、

僕は、今でこそすぐに行動に移せるようになりましたが、

以前は何事も考えては行動せず、

頭だけで答えを探す人間でした。

 

そういう思考回路だったから

特に大きな成功も失敗もない

本当につまらない人間でした。

 

ただ、僕には夢がありました。

「沖縄を変えたい」

とても漠然としたものでしたが、

心の中でずっと思っていることでもありました。

 

自分を育ててくれた家族、友達、仲間、

そして生まれ育った沖縄に恩返していきたい。

これからは自分がみんなを守っていきたい。

そういう思いがいつしか夢に変わっていきました。

 

でもふと思いました。

 

「何も挑戦してこなかった奴に、痛みを知らない奴に

誰かを守ることなんてできるのか?」

 

今まで何も挑戦してこなかった自分に心底後悔しました。

そして、決意しました。

「新しい自分をつくってみよう」

「失敗してもいいからまず行動に移してみよう」

 

初めはもちろん不安でしたし、

思い通りにいくことなんてありませんでした。

就活にしてもビジネスにしても全てマイナスからのスタートで

失敗もたくさんしました。

周りに夢を罵倒されたりもしました。

 

それでも、2度とあんな後悔はしたくないという思いで

やり続けました。

だから結果も出てきて、少しづつではありますが、

自分の思うように事が運べるようになってきました。

 

何が言いたいかというと、

結局、やったもん勝ちということです。

どれだけ行動に移してやり続けるか。

 

考えることは確かに大事です。

ですが、悩む時間があれば

とりあえずやっちゃうこと。

 

やってる中で自分なりの答えを

見つければいいのです。

うまくいかなければまた違うことをやればいいだけです。

 

でも、そんなこと言われたって

なかなか踏み出せないですよね。

 

だから、一歩踏み出すために一つアドバイスをすると

やらざるを得ない状況を作り出すことです。

少し上と矛盾してしまいますが、

決意だけではなかなか動けません。

 

せっかく「やろう」と決意しても

色んな誘惑だったり、感情だったりが

邪魔をしてしまいます。(僕がそうだったので。。)

 

だから、

めんどくさくてもやらないといけない状況

をつくってあげることが必要です。

 

この状況さえ準備できれば

あなたは一歩踏み出せる。

 

手っ取り早くその状況をつくるには

お金を使うことです。

 

損したい人なんていないので、

お金を使った分だけ元を取ろうという心理になります。

 

なのでもし、やりたいことがあるのであれば、

お金を使ってみることをおすすめします。

 

英語が話したいのであれば

英会話教室に通ったり、

 

おしゃれになりたいのなら

雑誌を買ってみたり、

 

お金を稼ぎたいのなら

そういう商材を買ってみたり。

 

自分がお金というリスクをかけるのであれば

是が非でもやるはずです。

 

「どうやれば進めるか」

ではなく

「進むためには何をするか」

って考えてみる。

 

その一歩目を踏むキッカケをつくる為に

自分に投資しましょう。

 

踏み出せたときに

「あの時、思い切って良かった」

と思えるので。

 

だから、

やらざるを得ない状況をつくってみてください。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

5%の人しか行っていない、稼ぐためのある常識とは?

 

どうも、呉屋です。

 

 

今回は、ビジネスで稼ぐために

最も重要な要素について

話していこうと思います。

 

 

皆さんはビジネスについて

どんなイメージをお持ちですか?

・怖い

 

・怪しい

 

・簡単そう・・・etc

 

いろいろな意見や考え方が

あると思います。

でも、全てがそうかと言われれば

違うと言い切れます。

 

 

もちろん、中には稼げない商材や

方法を紹介したり、

 

美味しい話を持ち出して

多額の額を請求したりしてくる

悪徳な業者も存在します。

 

 

だから、失敗したり、どれが正しいか

わからなかったりして

怪しい、怖いという感情が

植え付けられるのです。

 

ビジネスでもなんでもそうですが、

始める際にはある程度の

準備というものが必要です。

 

ネットで調べるだけではなく

実際に、やってる人に話を聞いたりして

自分が本当に続けられるかどうか

見定める必要があります。

ただ、勘違いしないでほしいのは

どんなビジネスもそんな簡単に稼げるものではありません。

「これならできそう」などという

安易な考えでは失敗します。

 

僕自身がそうだったから。

「どんなビジネスが一番簡単か」

 

「低コストでビジネスがいい」

 

「簡単に稼げるビジネスがいい」

 

そんなことばかり考えて、

多くの時間と労力を無駄にしました。

 

 

今考えたらおかしな話です。

そんな簡単に稼げるのなら

もっと多くの人が稼げているはずです。

 

ビジネスで稼いでいこうと思ったら

稼げる環境をつくらないといけないので

それなりの投資も必要ですし、

相応の覚悟も必要となります。

 

ですが、何より大切な要素が存在します。

 

ビジネスで食っていくうえで

一番重要な要素。

それは・・・

 

継続力

 

です。

 

これがない人はビジネスで食っていける

ことはないですし、

成功することもありません。

 

スポーツでも勉強でもそうですが、

初めから結果が出る人はいません。

 

先生やコーチに教えてもらって、

それをやり続けた者だけが

大きな結果を残せたり、上にあがっていけるのです。

ビジネスも一緒です。

 

だから本気になって稼ぎにいかないと稼げません。

「絶対にやってやるんだ」

という強い信念をもって

やり続ければ、おのずと結果はついてくるのではないかと思います。

 

僕でよければいつでも

気軽にご相談ください。

 

 

すぐにでもビジネスを始めたい方は

 下記をクリック↓↓↓

http://bit.ly/2j632C9

 

興味があるけど不安と思う方は

下記をクリック↓↓

http://bit.ly/2kbLPXc

 

 今回は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

【創造よ、自分を越えろ】 夢という名のエンターテイメント

※今回は自分のことについてが多い内容なので興味無い方は見ないでください!

どうも、呉屋です。

今回は、「夢」について話していきたいと思います。 内容に入っていく前に、一つ質問です。

あなたには、今、やりたいこと、かなえたい夢がありますか?

僕にもかなえたい夢があります。 夢は人それぞれです。 だから、大きい、小さいは関係ありません。 ただ、かなえる方法は全て同じです。

今回の内容はその叶える方法を伝えていこうと思います。 僕は、元々、夢なんてなく「人生、楽な方がいいよね!」 って考えの人間でした。 その考えだったから、何かをやり切ったことも、 本気で何かに取り組んだこともありませんでした。

人に言われるがまま、進学も決めていました。 だから、何かきつい事があったらすぐに誰かに責任を押し付けていました。 まさに責任転嫁の達人でした。

そんな僕が夢を持ち始めたのは大学に入学し、2年がたった冬でした。 自分のこれまでを振り返ってみると、 いつも家族に支えられて生きてきたのだと改めて感じました。

両親、兄弟の支えがあって今の自分がいるのだと。

そこで、僕の夢が出来ました。

「家族からもらった今までの恩を返していこう」

でも自分には、何も返せる力があるわけでもなく、家族に頼りきりの状態でした。 恩返しをしていくのが夢なら自分を変え、力をつける必要がある。 だから、就職して、まず安心させたいと思い就活を頑張りました。

そして内定をもらい、家族に報告したときに、 ある思いが浮かびました。 家族に何かあったとき、自分がそばにいてあげることが出来るだろうか? あってからでは遅いと。

そう考えた時に生き急ぐ必要があると感じました。

これからは自分が家族を支えていく。

何があっても対応できる力をつけないといけない。

そのために早く自立しないといけない。

そう決意した矢先、ビジネスというものに出会いました。 安定を捨てて、ビジネス一本でいくと決めた時、怖さや不安はものすごくありました。 ですが、これが自分の夢をかなえる一歩だと信じて、やり続けました。 すると結果がついてきて、ずっと雲の上にあった夢が現実見を帯びてきました。

今でもこれが正しい選択かどうかは正直わかりません。

ですが、一つ言えるのは、

未来の自分を決めるのは今の自分

ということです。

自分の決断、行動次第でどうにでもなると思っています。

今回は以上です。 自分語りになってしまい申し訳ありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

【 負けるもんか。】人生において強い人間とは何か。

 

どうも、呉屋です。

 

今回は現状維持の恐ろしさについて

お話ししたいと思います。

 

あなたは今、何かお仕事をされていますか?

学生であれば、バイトをしていますか?

 

ほとんどの人はYESと答えるはずです。

生きていくため、家族を養うため、欲しいものを手にするため・・・etc

理由は人によって様々ですが、皆、何かしらの目的をもって働いていると思います。

 

ここで一つ質問です。

 

 

これから先、本当にその方法でその目的を達成し続けることができますか?

 

 

確かに、短期的なスパンでみれば、達成することはできるでしょう。

でも考えてみてください。

 

バイトであれば、学生のうちはいいですが、

社会人になると、保険や、税金、家賃、生活費等が様々な出費があり

自分のやりたいことや、欲しいものにお金をかけづらくなっていきます。

 

社会人であれば、それに加えて結婚、出産ともなればさらに多くの費用が

必要となります。リストラだって考えられますね。

 

加えて、高齢化社会ゆえ、年金が必ずもらえるという保証はありません。

そうなったとき、今、当たり前にこなしていることが

継続して達成できると思いますか?

 

あなたが最低限の生活にシフトチェンジして絶えることができ、

尚且つ、あなたひとりの問題であれば全然問題ないと思います。

 

ただ、家庭を築いている場合や、親の介護など大きい壁が立ちはだかったとき

そこを乗り越えるだけの対応力が無ければ、共倒れは目に見えています。

 

そんな取り返しのつかないリスクを背負ってでも現状維持を望みますか?

 

先を予測して一歩先に動けるか。

これが出来るかどうかで今後の人生が変わってきます。

 

危機感はまだないですか?

だとしたらそれは、目に見えていないから危機感を抱けないのだと思います。

しかし、目に見えるようになってからではもう遅い。


そうなる前に今、自分でお金を生み出せる力をつけるべきだと思います。
会社に頼らず、自分でお金を生み出せる力。


個人でビジネスできる人間はある日サラリーマンになっても生きていけるけど。
サラリーマンはある日、起業家になったら生きていけない。

 

サラリーマンの給料は人に決められるけど
起業家の給料は自分で決められる。

 

 

他人に依存した生き方をするために生まれてきたのではない。

家族や仲間を守るために自分が自立しないといけない。

僕はそう思ったから覚悟を決め、自分で食っていく力をつけるために

ビジネスの世界に飛び込みました。

 

最初は凄く不安でした。

ただ、ここまでやってこれたのは現状維持が怖かったから。

その危機感が僕を人間的に大きくしてくれました。

 

変化しないものは廃れ、変化を望んだものだけが生き残っていく。

世の中は残酷であると。

ビジネスをしてて僕はそう感じました。

 

 

最後にあなたにもう一度問います。

 

本当に今のままで大丈夫ですか?

 

今回は以上で終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。