読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【 負けるもんか。】人生において強い人間とは何か。

 

どうも、呉屋です。

 

今回は現状維持の恐ろしさについて

お話ししたいと思います。

 

あなたは今、何かお仕事をされていますか?

学生であれば、バイトをしていますか?

 

ほとんどの人はYESと答えるはずです。

生きていくため、家族を養うため、欲しいものを手にするため・・・etc

理由は人によって様々ですが、皆、何かしらの目的をもって働いていると思います。

 

ここで一つ質問です。

 

 

これから先、本当にその方法でその目的を達成し続けることができますか?

 

 

確かに、短期的なスパンでみれば、達成することはできるでしょう。

でも考えてみてください。

 

バイトであれば、学生のうちはいいですが、

社会人になると、保険や、税金、家賃、生活費等が様々な出費があり

自分のやりたいことや、欲しいものにお金をかけづらくなっていきます。

 

社会人であれば、それに加えて結婚、出産ともなればさらに多くの費用が

必要となります。リストラだって考えられますね。

 

加えて、高齢化社会ゆえ、年金が必ずもらえるという保証はありません。

そうなったとき、今、当たり前にこなしていることが

継続して達成できると思いますか?

 

あなたが最低限の生活にシフトチェンジして絶えることができ、

尚且つ、あなたひとりの問題であれば全然問題ないと思います。

 

ただ、家庭を築いている場合や、親の介護など大きい壁が立ちはだかったとき

そこを乗り越えるだけの対応力が無ければ、共倒れは目に見えています。

 

そんな取り返しのつかないリスクを背負ってでも現状維持を望みますか?

 

先を予測して一歩先に動けるか。

これが出来るかどうかで今後の人生が変わってきます。

 

危機感はまだないですか?

だとしたらそれは、目に見えていないから危機感を抱けないのだと思います。

しかし、目に見えるようになってからではもう遅い。


そうなる前に今、自分でお金を生み出せる力をつけるべきだと思います。
会社に頼らず、自分でお金を生み出せる力。


個人でビジネスできる人間はある日サラリーマンになっても生きていけるけど。
サラリーマンはある日、起業家になったら生きていけない。

 

サラリーマンの給料は人に決められるけど
起業家の給料は自分で決められる。

 

 

他人に依存した生き方をするために生まれてきたのではない。

家族や仲間を守るために自分が自立しないといけない。

僕はそう思ったから覚悟を決め、自分で食っていく力をつけるために

ビジネスの世界に飛び込みました。

 

最初は凄く不安でした。

ただ、ここまでやってこれたのは現状維持が怖かったから。

その危機感が僕を人間的に大きくしてくれました。

 

変化しないものは廃れ、変化を望んだものだけが生き残っていく。

世の中は残酷であると。

ビジネスをしてて僕はそう感じました。

 

 

最後にあなたにもう一度問います。

 

本当に今のままで大丈夫ですか?

 

今回は以上で終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。