読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【創造よ、自分を越えろ】 夢という名のエンターテイメント

※今回は自分のことについてが多い内容なので興味無い方は見ないでください!

どうも、呉屋です。

今回は、「夢」について話していきたいと思います。 内容に入っていく前に、一つ質問です。

あなたには、今、やりたいこと、かなえたい夢がありますか?

僕にもかなえたい夢があります。 夢は人それぞれです。 だから、大きい、小さいは関係ありません。 ただ、かなえる方法は全て同じです。

今回の内容はその叶える方法を伝えていこうと思います。 僕は、元々、夢なんてなく「人生、楽な方がいいよね!」 って考えの人間でした。 その考えだったから、何かをやり切ったことも、 本気で何かに取り組んだこともありませんでした。

人に言われるがまま、進学も決めていました。 だから、何かきつい事があったらすぐに誰かに責任を押し付けていました。 まさに責任転嫁の達人でした。

そんな僕が夢を持ち始めたのは大学に入学し、2年がたった冬でした。 自分のこれまでを振り返ってみると、 いつも家族に支えられて生きてきたのだと改めて感じました。

両親、兄弟の支えがあって今の自分がいるのだと。

そこで、僕の夢が出来ました。

「家族からもらった今までの恩を返していこう」

でも自分には、何も返せる力があるわけでもなく、家族に頼りきりの状態でした。 恩返しをしていくのが夢なら自分を変え、力をつける必要がある。 だから、就職して、まず安心させたいと思い就活を頑張りました。

そして内定をもらい、家族に報告したときに、 ある思いが浮かびました。 家族に何かあったとき、自分がそばにいてあげることが出来るだろうか? あってからでは遅いと。

そう考えた時に生き急ぐ必要があると感じました。

これからは自分が家族を支えていく。

何があっても対応できる力をつけないといけない。

そのために早く自立しないといけない。

そう決意した矢先、ビジネスというものに出会いました。 安定を捨てて、ビジネス一本でいくと決めた時、怖さや不安はものすごくありました。 ですが、これが自分の夢をかなえる一歩だと信じて、やり続けました。 すると結果がついてきて、ずっと雲の上にあった夢が現実見を帯びてきました。

今でもこれが正しい選択かどうかは正直わかりません。

ですが、一つ言えるのは、

未来の自分を決めるのは今の自分

ということです。

自分の決断、行動次第でどうにでもなると思っています。

今回は以上です。 自分語りになってしまい申し訳ありません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。