読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットビジネスの真相

お久しぶりです。

呉屋です。

 

今回は僕がやっている「インターネットビジネス」

について少しお話しようと思います。

 

よくSNSやユーチューブなどで調べると

「若手起業家」「ネットビジネス」

などを謳ったアカウントや動画が多数ありますよね。

 

若干異なりますが、ジャンル的にはあんな感じです。

 

でも実際、あれだけ多くの人がビジネスをしている中で

本当に稼げている人はどれだけ存在すると思いますか?

 

一部では5000円稼げるのは全体の5%とも言われています。

実際は少しずつ普及してきたこともあって

もう少しいるとは思います。

 

 

でも割合的にはあながち間違ってないかと

思います。

 

よく考えたらそりゃそうですよね。

ネットとはいえ、自ら事業を起こすわけですから

そんなに簡単ではありません。

 

でも、インターネットビジネスの印象として

「誰でも・ラクして・簡単に・いくらでも稼げる」

みたいな印象を持っている方が非常に多い。

 

 

「インターネットビジネス」

と検索してみると大体がそんなのばかりです。

 

だから尚更、

「ネットビジネス=普通に働くよりラク」

っていうイメージを持ってしまう人が多い気がします。

 

事実、僕も始めた頃は簡単だと思っていましたし。

 

 

でお実際、しっかりと学んでから実践に移してみると

そんなことはありませんでした。

 

確かに、融通が利くし、やったぶんだけ結果は大きいです。

ですが、月によって変動があるし、そもそもそこに至るまでの

プロセスが大変。会社員のような保証だってない。

 

見返りが大きい分、そこに対しての難しさは当然あります。

 

全て自分で決断して動いていくわけだから、

成功法なんて存在しないし、

やらないことにはどれが正解か不正解かなんてわからない。

 

会社員が朝9時から夕方の6時まできっちり働かないと

給料をもらえないように、

 

ビジネスもちゃんとやることをやらないと稼ぐことはできません。

 

インターネットビジネスで食っていくために必須といってもいい

条件があります。

 

それは考え方。

 

稼げない人の多くはそもそもの考え方がよくない。

 

僕もインターネットビジネスをしている多くの人を

見てきましたが、大体稼げない人に共通した考え方があります。

 

それは自分中心に物事を捉えているということです。

 

「俺が得すればいい」

「稼げさえすればOK」

っていう感じで自分さえ良ければ感が出すぎている。

 

 

インターネットビジネスを始めるきっかけは

「お金が欲しい」っていうのが根底にあるわけで

それが悪いことではないです。

 

 

稼ぎたいっていう気持ちは必要ですが、

「俺が俺が」っていう気持ちが強すぎると

当然、お客さんに伝わります。

 

 

自分本位で記事を書いたり

情報発信したりすると

不思議なことにすごく嫌な感じがします。

 

 

裏が見えるというか、欲が垣間見えるというか。

 

 

そうなると、せっかく稼ぎたくて

インターネットビジネスを始めたのに

結局、下心を見透かされて稼げない

パターンが多い。

 

 

ビジネス=価値提供であり

お客さんが価値を感じることで

お金を払ってくれたり、

 

 

自分のファンになってくれたりするので、

まずは、相手があなたの発信に対して

価値を感じてもらうことが

すごく重要だったりします。

 

 

だから、あなたが

インターネットビジネスで収入を得たいと

思っているなら

 

 

 

「お客さんはどんなことに価値を感じるか?」

ってことを考える必要があります。

 

 

お客さんにとっての価値は

自分の生活が今より豊かになることです。

 

 

今抱えてる悩みを解決できたり、

今よりも質の高いモノ(物、サービス、情報)に

囲まれたりすることで

人々は価値を感じます。

 

 例えば 

「外でも電話できたらいいのにな」

って悩みから生まれたのが

携帯電話であり、

 

 

「もっと携帯電話で写真撮ったり、

音楽聴けたりできればいいのに」

って悩みから多機能携帯や

スマホが生まれました。

 

 

世の中にある

解決したい悩み、必要なモノを

リサーチして

自分が提供できそうなのを提供すること。

 

 

 

 

それがビジネスにつながり、

インターネットで

お金を稼ぐ方法にもなります。

 

今、お客さんは何に悩んでいるのか。

 

 

何があれば、もっと

お客さんは快適に暮らせるのか。

 

 

自分だったらどんなモノが欲しいか

など分析することです。

 

 

テクニック云々の前に

まずはこの根本を作らないといけません。

 

 

そこがしっかりと形付いてないと

売れるものも売れないし

詐欺と思われる可能性だってあります。

 

 

いつも画面の向こうには人がいるということを

念頭に置いていてください。

 

 

インターネットビジネスといえど

ビジネスなので、

どんなモノにも必ず需要はありますし

当然、人と人との商売です。

 

 

 

インターネットを使うから

見えづらいですけど、

そのパソコンの、スマホの画面の

向こうには必ず人がいます。

 

  

それを意識して、

その人に語りかけるように

情報発信や記事を

書くように心がけてください。

 

 

ネットに転がってるような

小手先なテクニックだけで

 

 

誰でも、簡単に、すぐに

稼げるようになるわけがありません。

 

 

ただ、画面の向こうには必ず

人がいることを意識して

インターネットビジネスをやれば

考え方も発信の内容、仕方も変わりますし、

 

 

それが伝われば、

あなたにお金を払ってくれる

お客さんも出てくるので、

 

 

もし、あなたが

インターネットビジネスをやってみたいと

思っているなら

それだけは忘れないでください。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。