読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2秒あれば人生を変えられる。

※不快な気持ちになると思ったら読まないでください。

 

お久しぶりです。呉屋です。

 

今回は、

人生を変えるとっておきな手段

について書いていこうと思います。

 

その前に一つ質問です。

なぜ、人は悩むのでしょうか。

 

答えはいたってシンプルです。

 

「ベストな答えを探そうとするから」

 

算数や理科のように公式があれば

それに当てはめればいいだけですが、

世の中に公式なんてありません。

だから、正しい答えってないんです。

 

「それじゃあ、問題解決できないよ」

「どうすればいいの?」

という声が聞こえてきそうなので

お答えします。

 

結果から言ってしまえば

「悩むぐらいなら、行動に移そう」

で片付くんですが、

 

「そんな簡単に言われても」

「そんなの博打じゃん」

と言われそうなのでちゃんと手順を追って

お話ししたいと思います。

 

ここで少し僕のことを話すと、

僕は、今でこそすぐに行動に移せるようになりましたが、

以前は何事も考えては行動せず、

頭だけで答えを探す人間でした。

 

そういう思考回路だったから

特に大きな成功も失敗もない

本当につまらない人間でした。

 

ただ、僕には夢がありました。

「沖縄を変えたい」

とても漠然としたものでしたが、

心の中でずっと思っていることでもありました。

 

自分を育ててくれた家族、友達、仲間、

そして生まれ育った沖縄に恩返していきたい。

これからは自分がみんなを守っていきたい。

そういう思いがいつしか夢に変わっていきました。

 

でもふと思いました。

 

「何も挑戦してこなかった奴に、痛みを知らない奴に

誰かを守ることなんてできるのか?」

 

今まで何も挑戦してこなかった自分に心底後悔しました。

そして、決意しました。

「新しい自分をつくってみよう」

「失敗してもいいからまず行動に移してみよう」

 

初めはもちろん不安でしたし、

思い通りにいくことなんてありませんでした。

就活にしてもビジネスにしても全てマイナスからのスタートで

失敗もたくさんしました。

周りに夢を罵倒されたりもしました。

 

それでも、2度とあんな後悔はしたくないという思いで

やり続けました。

だから結果も出てきて、少しづつではありますが、

自分の思うように事が運べるようになってきました。

 

何が言いたいかというと、

結局、やったもん勝ちということです。

どれだけ行動に移してやり続けるか。

 

考えることは確かに大事です。

ですが、悩む時間があれば

とりあえずやっちゃうこと。

 

やってる中で自分なりの答えを

見つければいいのです。

うまくいかなければまた違うことをやればいいだけです。

 

でも、そんなこと言われたって

なかなか踏み出せないですよね。

 

だから、一歩踏み出すために一つアドバイスをすると

やらざるを得ない状況を作り出すことです。

少し上と矛盾してしまいますが、

決意だけではなかなか動けません。

 

せっかく「やろう」と決意しても

色んな誘惑だったり、感情だったりが

邪魔をしてしまいます。(僕がそうだったので。。)

 

だから、

めんどくさくてもやらないといけない状況

をつくってあげることが必要です。

 

この状況さえ準備できれば

あなたは一歩踏み出せる。

 

手っ取り早くその状況をつくるには

お金を使うことです。

 

損したい人なんていないので、

お金を使った分だけ元を取ろうという心理になります。

 

なのでもし、やりたいことがあるのであれば、

お金を使ってみることをおすすめします。

 

英語が話したいのであれば

英会話教室に通ったり、

 

おしゃれになりたいのなら

雑誌を買ってみたり、

 

お金を稼ぎたいのなら

そういう商材を買ってみたり。

 

自分がお金というリスクをかけるのであれば

是が非でもやるはずです。

 

「どうやれば進めるか」

ではなく

「進むためには何をするか」

って考えてみる。

 

その一歩目を踏むキッカケをつくる為に

自分に投資しましょう。

 

踏み出せたときに

「あの時、思い切って良かった」

と思えるので。

 

だから、

やらざるを得ない状況をつくってみてください。

 

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。